イボ 除去 市販薬

MENU

イボを除去するならやっぱり市販薬が効く?

イボを除去する方法といえば、薬局などで売られている市販薬を使った方法が思いつきますよね。

 

テレビCMなどでやっているような市販薬を使えば、ぽろぽろとれる杏ジェルを使わないでもきれいに取れそうなイメージがありますからね。

 

やっぱりイボを除去するなら市販薬の方がいいのでしょうかね?

 

 

もちろん、いわゆる足とかにできるようなイボとかであれば、薬を使った方がいいのですが、肩とか首とかわきの下あたりにできるような古い角質が固まってできたようなイボ状のものは、薬を使わずまずはぽろぽろとれる杏ジェルなどで様子を見た方がお肌のケアにもよさそう。

 

 

やっぱり、市販薬といえども薬なので、できることであれば薬は使いたくない!ということがありますよね。

 

お肌に安全、安心なものを選んで、そういうものできれいにイボを取り除けるならその方がいいですから。

 

 

市販薬にもいろいろ種類があって、成分的に強いものとかお肌に優しいものとかあります。
その中で、どれを選ぶかは薬局の薬剤師さんなどと相談をしながら使うわけですが、早く治したい場合は、どうしても成分的に強いものを選びたくなりますよね。

 

 

市販薬でおすすめは?

イボ除去の市販薬として、効果の高いものってどれなんでしょうね?

 

いろいろ種類はあるけど、イボの市販薬といって最初に思いつくのは“イボコロリ”じゃないでしょうかね?

 

イボコロリは顔とか、首とかお肌が柔らかい場所に使わないで!って但し書きがあったので、首のイボとか顔のイボとかには使うことは難しいみたいです。

 

では、イボコロリ以外ではどういう市販薬があるのでしょう?

 

お肌に直接塗るタイプであれば、スピール液とかスピール膏って貼るタイプのものとかですね。

 

それ以外だと、ヨクイニンとかに飲む錠剤タイプのものが一般的ですね。

 

 

ヨクイニンとかであれば、首のイボとか顔のイボなんかにも効果的なイメージがありますが、直接お肌に塗る市販薬となると、足などのイボがメインで顔や肩、首回りなどには使えないみたいです。

 

そう考えると、ぽろぽろとれる杏ジェルのようなお肌に優しいピーリング効果で、イボがポロっと取れて、そのあとも美容成分でお肌が潤ってツルスベになるようなものの方がよさそうですよね。

 

 

薬は、やっぱり副作用などの問題もあるので、病院などで処方されたものなら少しは安心ですが、市販薬だと使い方に注意しないといけないってこともあるのでコスメ系の商品でケアできるならしたほうがよさそうですね。